すべての起業家に出口戦略が必要な理由(とその計画方法)

すべての起業家に出口戦略が必要な理由(とその計画方法)

会社を始めたばかり、またはビジネスが初期段階にある場合、出口戦略についてまだ考えたことがない可能性が高いです。

しかし、あなたの会社がどの段階にあるかにかかわらず、今こそ出口戦略を考えるだけでなく、計画を立てるべき時なのです。 あなたのビジネスは、あなたがお金を投資した資産だと考えてみてください。 あなたの給料を支える収入源があり、場合によっては年間相当額の利益分配がある。

出口戦略の計画は、ビジネス戦略において最も見落とされがちな検討事項ですが、出口戦略は会社の戦略的方向性を決定する上で重要な役割を担っています。

出口戦略を積極的に計画しないことで、ビジネスオーナーやその相続人、後継者は、将来の選択肢が制限されてしまうかもしれません。

起業家の中には、出口戦略を、ビジネスが次の大きなステージに移行するための手段として考えている人もいます。

起業家の中には、出口戦略を、事業が次の大きなステージに移行するための手段と考える人もいます。この観点からすると、起業家は必ずしも事業から離れるわけではありませんが、その役割は大きく変化します。

「出口戦略とは、最も高い目標を達成すること」

私は、出口戦略を終了というよりも、会社と自分の両方に設定した高い目標の論理的な一部としてとらえるようになりました」と、Just Books, Inc.のオーナー、Jennifer Lawton氏は言います。

「買収、株式公開、他の会社との合併、より高いレベルへの計画的な売上増加、あるいは 200% の急成長を目指すかもしれません」と彼女は言います。 これらの目標のいずれかを達成することで、私は事実上、「撤退」したことになるのです。 ある段階から次の段階への “出口 “が、次の段階への “入口 “になるのです」。 現実には、その終わりや変化を定義しない限り、あなたのビジネスは計画にはなかった方法で変化する可能性があります。 ビジネスを始めたその日から、出口戦略について考えるべきです」と、『How to Buy and Sell a Business』の著者である弁護士のGarrett Sutton氏は言います。 「

ビジネスが意図しない方向に進むのを防ぐために、出口戦略をビジネスのビジョン、目標、戦略に統合することができます。 今、出口戦略を定めたからといって、すぐに実行しなければならないわけではありません。 3年後、5年後、あるいは20年後に出口戦略を使う起業家もいます。 オーナーとして、期待される結果、パラメータ、結果を決定してから戦略を行使すべきです。

出口戦略のメリット

ビジネスを有益に終了できるという安心感のほかにも、出口戦略を持つことのメリットは以下のとおりです。

  • 築いたビジネスの価値を守る
  • 経営陣やその他の関係者のためにスムーズな移行を行う
  • 退職や障害に備えた潜在的収入を得る
  • ビジネスの将来の価値を高める
  • 財産に対する税金の影響を軽減または繰り延べる
  • のための戦略。
  • ビジネスの成長に向けた戦略的な方向性を示す

出口戦略の種類

成功したビジネスは、資産を蓄積し、将来の利益の可能性を築くことによって、オーナーのために富を構築します。 最も一般的な有利な出口戦略は、事業の売却、事業の資産の売却、他の事業との合併、または事業の株式の一般への売却です。

残念ながら、出口戦略を計画していない起業家は、ある時点で、準備不足のまま事業から撤退することになります。 起業家の中には、富や退職、他の目標を追求したいという理由以外で、事業から撤退する人もいます。

出口戦略がないと、自分自身や相続人、従業員にとって好ましい結果を望んでいる起業家は、出口が思い描いたものでないことに気付くかもしれません。を拠点とする Celestial Seasonings の創業者である Mo Siegel 氏は、会社からの撤退を計画する際に、いくつかの課題に直面しました。 Siegel は、Celestial Seasonings を米国最大のハーブティー メーカーに成長させました。Siegel は、意図的に起業家的な文化を生み出し、従業員からお茶の風味に関する新しいアイデアを奨励し、楽しくて家庭的な職場環境を確立し、米国で最も社会的に責任のある企業の 1 つと評価されました。

1984年にクラフト社がセレスティアル・シーズニングスを買収したとき、シーゲルは会社の文化が大きく変化するのを目の当たりにしました。 シーゲルが多くの人に与えた情熱や生活の質は、徐々に失われていった。

1988年にクラフト社がリプトン社にセレスティアル・シーズニングスを売却する交渉を始めたとき、シーゲルはこの巨大企業から会社を買い戻すことを決意しました。 そして2000年、シーゲルはセレスティアル・シーズニングスとヘイン・ピュア・フーズを合併させ、ヘイン・セレスティアル・グループを設立しました。 事業だけでなく、従業員に対してもセレスティアル・シーズニングスと同じビジョンを持つ会社を見つけたことで、彼はついに引退し、まだ登っていないコロラド州の標高1万4千フィートの山々をハイキングするというもう一つの夢を追いかけることができるようになったのだ。 会社や社員にとって正しい決断であったことを確認するため、彼は2年間会社に残り、会社間の移行を監督しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です