なぜ私たちは祈るべきなのか

なぜ私たちは祈るべきなのか

力強い著作である『祈りに我らを捧ぐ』の中で、ゲイリー・T・ミーダーズは、全能者との対話が聖書の織物の一部であると観察しています。 創世記4:26は「人は主の名を呼び始めた」と最初に言及し、黙示録22:20は「主イエスよ、来てください」という祈りで聖書を閉じています(1コリント16:22と比較してください)。 贖罪の歴史はすべて祈りで構成されているのです。 このような末端の言及の間に、私たちは祈りに関するデータベースを見つけることができます。 2

私たちが祈らなければならない5つの理由

1. 私たちは主を愛しています。 愛している男女が一緒にいたい、コミュニケーションしたいと思うように、私たちも神様を愛しているならば、神様への愛に比例して、神様と一緒にいたい、神様と交わりたいと思うようになるのです。 神様は私たちの源です。 私たちの命です(コロサイ3:4)。 祈りによって、私たちは自然的にも霊的にも、人生において必要な慰めや力、その他すべての資源を得ることができる。

3.祈りは、誘惑に抵抗することを可能にします。 イエスは弟子たちに「誘惑に陥らないように、よく見て祈りなさい」(マタイ26:41、NKJV)と警告されました。

4.祈りは、人々が救いのために神に行動するよう求めるために必要です。 神はアダムとその子孫に地球を与えたので、私たちは神がここで働くようにと招かなければなりません。 誰も神様の働きを招かないなら、人類の普遍的な反逆のために「この時代の神」であるサタン(2コリント4:4)が人間を支配し、やがて神様の裁きが来るようになります。

5.神様がしばしば具体的に執り成すよう求めることによって、そうでなければ失われるであろう多くの人々が救われることができるのです。

5. 神は私たちに祈るように命じておられます。 コロサイ人への手紙4章2節で、パウロは「感謝をもって、熱心に祈り続けなさい」と書いています(NKJV)。 イエスも弟子たちに祈るように勧めました。 「

祈る必要性は、私たちに「絶え間なく祈りなさい」(1テサロニケ5:17、NKJV)と命じている神の権威と同じくらい大きいのです。 祈りは神が地上で行おうとするすべてのことに不可欠であり、私たちにも不可欠なので、いつも行うように命じておられます。 私たちは、より多く、より強く祈るために、時には寝食を忘れて祈るべきです(マタイ6:16、ルカ6:12、ルカ21:36、コロサイ4:2、2コリント11:27参照)。 あるいは、ヨハネ・クリュソストムが書いたように、

注釈:

1. Gary T. Meadors, “The Bible and Prayer,” in Giving Ourselves to Prayer: Gary T. Meadors, “The Bible and Prayer,” in Giving Ourselves to Prayer: An Acts 6:4 Primer for Ministry, comp.

2.AllAboutGOD.comによって編集されたリストの適応、”Why Pray? “で引用。 National Day of Prayer Task Force, http://www.nationaldayofprayer.org (accessed October 6, 2010).

3. John Chrysostom, quoted in R. Kent Hughes, James:

写真提供: Unsplash/Diana Simumpande

Front Line CoverThe Front Lineから引用しています。 ジョン・ボーンシャイン著「A Prayer Warrior’s Guide to Spiritual Battle(祈りの戦士の霊的戦いへの手引き)」より引用。

『フロントライン』は、祈る人生の深さと力を探求するための実戦的なマニュアルです。 様々な観点から、本書は祈りの基本的な要素から人々を阻む障害まで、あらゆる角度から祈りを探求しています。 また、霊的な戦いにおける第一の武器である「祈り」について、新入社員も熟練した祈祷師も同様に、より深い理解を得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です