アルガンオイルは抜け毛を防ぐのに有効か

アルガンオイルは抜け毛を防ぐのに有効か

アルガンオイルには、脂肪酸やビタミンEなどの強力な抗酸化物質がたくさん含まれており、頭皮や髪に良い影響を与えることが分かっています。

ここでは、抜け毛を防ぐのに役立ちそうな、アルガンオイルの髪への効果をご紹介します。

保湿とコンディション

アルガンオイルは、主にオレイン酸やリノール酸などの脂肪酸をたくさん含んでいるので、主に皮膚や髪の保湿剤として使用されています。 これらのオイルは、毛幹を潤滑にし、髪が水分を維持するのを助けることが分かっています。

アルガンオイルにはビタミンEも豊富に含まれており、髪や頭皮に脂肪層を与えて乾燥を防ぎ、あせを抑えてつやを出す効果が期待できます。

頭皮の健康を増進する

アルガンオイルには抗炎症と抗酸化作用があり、肌に良いとされています。

  • 乾癬
  • 脂漏性皮膚炎

アルガンオイルの抗真菌性についての科学的研究はほとんど行われていませんが、ふけの治療に役立つ可能性はあります。 フケは、頭皮の酵母のような菌によって引き起こされることがあります。

スタイリングやカラーリングのダメージを防ぐ

アルガンオイルの中鎖脂肪酸には保護効果があり、洗濯やスタイリングによるダメージを防ぐことができます。

研究によると、リノール酸、オレイン酸、パルミチン酸を多く含む他のオイルは髪に保護層を加え、くし通りの良さと熱スタイリングの際の切れ毛から髪を保護することが分かっています。

2013年の研究では、カラーリング処理後の白人の髪にアルガンオイルを塗布すると、染毛剤によるダメージが軽減されることもわかりました。

日焼け防止

アルガンオイルは、モロッコの女性たちが何世紀にもわたって、日焼けによるダメージから肌を守るために使用してきました。 2013年の研究では、アルガンオイルの抗酸化作用が、太陽からのフリーラジカルによるダメージから肌を保護することがわかりました。

抜け毛のためのアルガンオイル

抜け毛に特化したアルガンオイルに関する研究はありませんが、髪と頭皮の健康に対するその実証済みの利点は、切れ毛や抜け毛を防ぐ可能性があります。

アルガンオイルに含まれる強力な抗酸化物質と栄養価の高い脂肪酸は、髪の潤いを保ち、スタイリングのダメージやフリーラジカルによるダメージから守ります。

アルガンオイルに含まれる強力な抗酸化物質と栄養豊富な脂肪酸が、髪の潤いを保ち、スタイリングのダメージやフリーラジカルによるダメージから守ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です