アーミッシュの花嫁は何を着ているのか?

アーミッシュの花嫁は何を着ているのか?

アーミッシュの結婚式シーズンは真っ盛りです。 昨日、アーミッシュの友人と木曜日を訪れることについて話していて、その日に結婚式があるかどうか考えるのをやめなければならなかったので、このことを思い出しました。

先週のウェディングワゴンに続き、今週のコラムでは、Lovina Eicher がアーミッシュの花嫁のウェディングドレスについて読者の質問にお答えします。

これはコミュニティによって異なる場合があります。 あるコミュニティでは、花嫁は黒いドレスに白いケープとエプロンを身につけます。 私たちのコミュニティでは、花嫁はドレスの色を選びますが、白いケープとエプロンを身につけます。 また、私たちの教会では、花嫁は結婚式のために黒いカバーを身につけます。 結婚後は白いカバーリングに着替え、二度と黒いカバーリングを着ることはありません。

娘エリザベスはバーガンディー色のドレスで、娘スーザンはグリーンのドレスを選んで結婚しました。

ケープとエプロンで「結婚式の準備」をしているドレスです。 Via Lovina’s Amish Kitchen

そして、ドレスは誰が作るのか?

花嫁は自分でドレスを縫う人もいれば、母親や他の人に縫わせている人もいます。 娘のエリザベスは自分のウエディングドレスを縫いましたが、スーザンのウエディングドレスは私が縫いました。

ロヴィナはもともと、インディアナ州アダムズ郡のスイスアーミッシュの集落の出身である。

腰から肩にかけて、前で交差する三角形の布のことである。 そして、エプロンはケープの下にかぶせ、腰のあたりでベルトをします。 私たちのコミュニティでは、ケープは通常、教会の結婚式や特別な機会に着用されます。 教会では白いケープとエプロンを着用しますが、結婚式ではドレスの色や素材と同じ色のケープとエプロンを着用し、「ドレススーツ」と呼んでいます。

もうひとつ。 スティーブン・スコットは、著書『アーミッシュの結婚式』の中で、アーミッシュの結婚式でのドレスについて興味深い内容を紹介しています:

ウェディングドレスとセカンドベストドレス(結婚式後数ヶ月間ウェディングドレスと交互に着る)の見本は、スクラップブックに保存する女の子に用意されています。 (p.36)

スティーブの本のこの版は何年か経っているので、この習慣がどのくらい普及しているのか(どこで最も多いのか)分かりませんが、私はこの本を読みました。 しかし、アーミッシュの文化において、物理的な記念品が重要であることを示す良い例です。 何年も経ってからスクラップブックを開き、愛する人や特別な友人の特別な日の思い出を、実際に触れることのできる品物として持つことは、きっと良い気分でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です