レッドスキンズの2020年ドラフトクラスが完成!

レッドスキンズの2020年ドラフトクラスが完成!

2020年NFLドラフトが正式に終了し、レッドスキンズは今年最後の指名で幕を閉じました。 レッドスキンズは合計8人の指名を終え、ドラフト中に行ったトレードは1回だけでした。 Trent Williamsが49ersに移籍し、今年も5巡目、来年は3巡目の指名権を手に入れた。 また、このような「忖度」(そんたく)は、「忖度(そんたく)」とも呼ばれます。

レッドスキンズは、メンフィスのWR/RBアントニオ・ギブソン(RBで使う予定の選手)をドラフトで指名し、多くの人を驚かせました。

3日目には、賞賛されるようなピックと、頭をかきむしるようなピックがいくつかありました。 そのため、このような弊順嶄で恷も嶷勣な弊順嶄で恷も嶷勣な弊順嶄で恷も嶷勣な弊順嶄で恷も嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄での嶷勣な弊順。

彼らは5ラウンドで2つのピックを持っていたし、新しいオフェンスラインマン(キースIsmael、C、サンディエゴ州立)とLB(Khalekeハドソン、ミシガン州)を得た。 7巡目では、さらに2人のディフェンス選手を獲得した。

今年のドラフトでレッドスキンズはどうだったのでしょうか?

今年のドラフトでレッドスキンズはどうだったのか?

Washington Redskins 2020 Draft Picks

第1ラウンド(#2)。 チェイス・ヤング(DE、オハイオ州立大学)

第3ラウンド(#66)。 アントニオ・ギブソン(WR/RB、メンフィス)

第4ラウンド(#108): サーディック・チャールズ(OT、LSU)

4巡目(#142)。 アントニオ・ガンジー=ゴールデン(WR、リバティ)

第5ラウンド(#156)。 キース・イズマエル(C、サンディエゴ州立大学)

第5ラウンド(#162): カレーク・ハドソン(LB)、ミシガン州

第7ラウンド(#216)。 カムレン・カール(S、アーカンソー州)

7巡目(#229)。 James Smith-Williams, DE, NC State

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です