他人のことにおせっかいで好奇心旺盛なのはどうしたらいいのでしょうか。

他人のことにおせっかいで好奇心旺盛なのはどうしたらいいのでしょうか。

他人のことにおせっかいで好奇心旺盛なのは、どうしたらいいのでしょうか。

おせっかいや詮索は、他人の秘密や個人的な事柄を知りたがることで、それが彼らについて読んだり、聞いたり話したりして、直接的にも間接的にも行われます。

詮索は、精神的にも社会的にも、何か間違ったことです。

人は、家族の輪の中であっても、他人の秘密や私的な事柄を尊重することになっています。 例えば、父親や母親は息子の手紙を開ける権利を持っていません。 夫や妻には、配偶者のポケットや引き出し、書類を漁る権利はない。

誰も自分が聞くべきでない言葉に耳を傾ける権利はない。 これを「耳の不義理」と呼ぶことができるだろう。 また、見てはいけないものをこっそりと見る権利もない。

しかし、他人のことを詮索したり、立ち入ったりすることは、公然と行うことができ、必ずしもいそいそと行う必要はない。

この例としては、その人にとって個人的で、自分が話したくないような事柄について、他人を質問攻めにする人が挙げられます!

おせっかいな人は、言い訳として、自分はその相手と親密な関係にある、あるいはその相手が大丈夫だと安心させたいのだ、と言うかもしれません。

しかし、誰かと親密な関係にあるということは、それに対して踏み込んではいけない限界があるのです。 同様に、誰かについて安心させたいという願望にも限界があります。 情報を得ることは、強制や圧力によってもたらされるものではありません。

ですから、私からのアドバイスは、質問しないこと、質問した人が答えたがらないことに気づいたら、あるいは、その人がさらに詳しく説明したり、特定の事柄の詳細に踏み込もうとしないと思ったら、それ以上質問で迫らないことです。

おせっかいな人、詮索好きな人の特徴のひとつは、そのしつこさです。

彼の友人や知人はしばしば彼を避けようとし、彼の多くの質問や彼らのビジネスを知ろうとする好奇心を避けようとします。

最も恥ずかしい状況は、おせっかいな人が内気な人に会うときです。

内気で臆病な人は、彼を止めることができず、押しつけがましい質問を避けるために会話の流れを変えることもできないかもしれません。 こうして彼は追い詰められ、恥ずかしくなってしまうのです。

詮索好きな人は、目の前にいる人の内情を知るだけでは満足せず、他の人の秘密を明かすように強要することさえあるのです!

このように、詮索好きな人は、その人の内情を知るだけでは満足せず、他の人の秘密を明かすように強要することもあります。

自分のことだけでなく、他の人のことも聞く。 その人が何を言って、どう答えたか、何をしたか、こういう状況で何を感じたか、どう行動したか、どういう意見を持ったか、相手との関係はどうだったか、家族や友人、私事について……!?

実はこれも、恥ずかしい告白につながるかもしれません…

おせっかいな人の感覚は、いつも落ち着きがないように見えます…

その視線は決して安定しておらず、いつも図々しく、信用できず、明らかに警戒しているのです。 聴覚もそうだし、足音もそうだ。

彼は知る権利のない関係、たとえば夫婦間や友人間などの極めてプライベートな家族関係や、男女を問わず、仕事に関する秘密などに立ち入ることがあります。

あなたに関する限り、詮索することに関して、私からのアドバイスは以下の通りです:

1.

「他人の個人的な事柄を尊重する習慣を身につけ、すべての個人は、あなた自身が自分の秘密を持っているように、親しい友人にも話す必要のない自分だけの秘密を持つ権利を持っていることに満足することです。

2.常に自問自答せよ:私に何の関係があるのか?

2.常に自問する。

3.他人との関係において、どこまで親しくなれるか制限を設ける。

4.自分や他人にとって個人的な事柄について誰かに尋ねたとき、相手が答えたがらなかったり、その話題を避けようとしたりすると感じたら、それ以上迫らないようにする。

5.

6.見るもの、聞くもの、触れるものすべてにおいて、正直で誠実であれ。

7.友人や知人の個人的なことを詮索して失わないよう、気を配れ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です