医師への恐怖を克服する

医師への恐怖を克服する

by Dave Carbonell, PhD

人はさまざまな理由で医師を怖がることがあります。 医師から「悪い知らせ」を聞くのが怖いのかもしれません。 医者に行ったときに定期的に血圧が上がるので、医者がその重要性を誇張することを恐れるかもしれません。

閉所恐怖症の人は、狭い診察室で待つことを恐れるかもしれません。

恐怖と戦うな!

医師恐怖症の人を支援してきた私の経験では、これらの恐怖を隠して「我慢しよう」とすると、ほとんどの場合、不安はさらに悪化します。

自分の問題をどのように説明すれば理解してもらえるかわからない場合は、閉所恐怖症に例えることができます。

私の患者さんが行った工夫としては、診察室での待ち時間を短くする、診察中に何度か血圧を測る、慣れると下がることがわかっている、コップに水を用意しておく、医師を待つ間スタッフがチェックする、サポート役が一緒にいるなどがありました。 悩みの数だけ、アレンジの可能性があるのでしょう。

こうした具体的な取り決めだけでなく、医師が自分の不安に気づいていて、それを隠したり戦ったりするのではなく、話し合えるということは、非常に有益なことでしょう。 私の経験では、不安を隠して戦おうとすることが、回復への最も大きな障害になることがよくあります。 これが「不安のトリック」の基本です。

人はしばしば、医師がかまってくれないのではないか、あるいは医師のスタッフが自分の心配を馬鹿げていると感じるのではないかと心配します。

私の患者は一般に、いったんこのことを医師に話すと、医師はたいてい予想以上に理解してくれることが分かっています。

Back to First Steps from Fear of Doctors

For more info about Dr. Carbonell, click here.

Follow me on Twitter & Facebook!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です