史上最高のテノール、エンリコ・カルーソ誕生

史上最高のテノール、エンリコ・カルーソ誕生

前世紀初頭のアメリカで、オペラ界のテノール歌手エンリコ・カルーソが『パリアッチ』の「Vesti la giubba」を演奏し、史上最も売れたレコードという時期があった。 この78回転レコードは、アメリカ史上初のミリオンセラーとなり、その値段はカルーソーのライブ演奏のチケット代よりも高いものだった。 プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレラ、ルチアーノ・パヴァロッティが「スリー・テノール」として活躍したように、オペラ界のスターがメインストリームで人気を博すことは、最近でも時々あることだ。 しかし、エンリコ・カルーソの文化的影響力に匹敵するテノールは、300人は必要かもしれない。 史上最も有名なオペラテノールであり、20世紀初頭の最大のレコーディングアーティストであるエンリコ・カルーソは、1873年のこの日、イタリアのナポリで生まれた。 ピエトロ・マスカーニ、ジャコモ・プッチーニ、ルッジェーロ・レオンカヴァッロといった作曲家が、次の世紀の基本レパートリーである「カヴァレリア・ルスティカーナ」「トスカ」や前述の「パリアッチ」の大部分を書いていた時代で、エンリコ・カルーソはイタリアオペラの真の黄金時代に生まれました。

『ラ・ボエーム』のロドルフォ役でスカラ座にデビューしたときの指揮者は、偉大なアルトゥーロ・トスカニーニで、彼はその後20年間に何百回も共演することになるが、何千マイルも離れたニューヨークでであった。 カルーソは、1903年に初めてアメリカを訪れるまで、サンクトペテルブルクからブエノスアイレスまでのオペラハウスで公演を行ったことがある。 翌年には再び訪米し、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場を本拠地として、その後のキャリアを積むことになる。 同年、ビクター・トーキング・マシン社(後のRCAビクター社)のために最初の録音を行った。 その後10年半の間に、カルーソは78回転レコードに収まる最長時間である3分や4分のアリアを何曲も録音した。 この録音は、ビクターの「ヒズ・マスターズ・ヴォイス」レーベルを世界で最も有名にしただけでなく、レコード産業全体の発展にも大きく貢献したものと評価されている。 エンリコ・カルーソは長い闘病生活の末、1921年8月2日、48年前のこの日に生まれた故郷のナポリで亡くなりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です