水仙かジョンキルか…同じものなのか…どちらなのか

水仙かジョンキルか…同じものなのか…どちらなのか

オハイオ州内の多くの風景、道路の端、古い家屋があった森林地帯に、多年草の水仙が咲いています。 そのため、このような「萌黄色」の花は、「萌黄色」「橙色」「ピンク色」「緑色」「白色」など、さまざまな色があります。

白い花弁と黄色の花冠を持つ水仙です。
Daffodil with white tepals and corona.

この多年草は何十年間、おそらく何世紀も人気があるのでしょう。 これらは一般的に非常に育てやすく、ほとんどの場合、最小限の注意しか必要としません。 しかし、水仙と呼ぶべきか、ジョンキルと呼ぶべきか、世間では混乱があるようです。 この質問に対する簡潔な答えは、両者はほとんど同じものであるということです。 つまり、ジョンキルはすべて水仙であるが、水仙がすべてジョンキルであるとは限らないのである。 昆虫学者としては、「すべての虫は昆虫であるが、すべての昆虫が虫であるわけではない」という格言がある。

植物のスイセン属 (ラテン語の学名) (アマリリス科) のすべてのメンバーが、スイセン (一般的な非学名) と呼ばれる可能性があります。 属名Narcissusを一般名narcissusとして、同属に見られる植物を指す人もいますが、おそらく疑問の残る行為でしょう。 同属には少なくとも40種、もしかしたら200種もの種があり、王立園芸協会の分類体系に従って13の部門に分類された25,000以上の登録栽培品種(雑種と名付けられたもの)がある。 ほとんどの水仙は、中央のカップを取り囲む6枚の平らな花弁(セパルでもペタルでもない構造)からなる花茎に一輪の花を咲かせる。

Daffodil flower anatomy.

第4部門の花は八重咲きであります。

IV 部門の八重咲き水仙。

花芽は出たばかりではヘチと呼ぶ覆いで囲まれた状態です。 花が成熟すると、ヘタが裂けて花が出る。

Daffodil flower buds covered by intact spathes.
Spathe beginning to split open to release daffodil flower.
Spathe remains at the base of the daffodil flower.

Several common garden species included in this group of plants are the common and popular daffodil (a.k.a. wild daffodil or Lent lily) (N. pseudonarcissus), the jonquil (N. jonquilla), and the poet’s narcissus (N. poeticus).

A Division IV double blossom daffodil ‘Cheerfulness’ that produces multiple flowers per floral stack.
Narcissus ‘Golden Dawn’, a Division VIII daffodil that exhibits multiple flowers per floral stalk.
Narcissus ‘Golden Dawn’, Division VIII daffodil, which shows multiple flowers per floral stalk.

また、水仙の中には「ペーパーホワイト」と呼ばれる種類(例えば、…)があります。 N. papyraceus) は、オハイオ州のような北部の気候では丈夫ではありませんが、テキサス、カリフォルニア、ルイジアナなどの州では帰化したと考えられています。 オハイオ州など北部の州では、観葉植物として栽培され、一年を通して強制的に花を咲かせることができる。 ペーパーホワイトは、花茎の先端に純白に近い花を房状に咲かせるので、このように呼ばれている。

スイセンは球根を形成する多年草で、ほとんどの種が南ヨーロッパと北アフリカに自生しています。 球根の形はタマネギの球根に似ている。

球根はタマネギの球根に似ているが、球根は有毒であることが残念である。 しかし、球根は最も毒性の強い部分である。 水仙にはアルカロイド化合物(リコリン)が含まれており、嘔吐や胃腸のけいれんを引き起こす。 この化合物は人間だけでなく、他の動物にも毒性がある。

カタログなどで水仙の球根を購入する場合、2万5千以上ある水仙の品種を説明し、リスト化する標準的な方法があります。 これらの記述は、数字と文字の組み合わせです。 数字は13の「区分」からなる「分類法」、文字は花のペリアンス(がく片)とコロナ(杯)の「カラーコード」である。 例えば、ヒルスターという品種は、7 YYW-YWWという分類コードを持っていますが、これはVII部(ジョンキラとアポダンサス水仙の栽培品種)に属することを意味し、両方のテパルの先端は黄色で、基部は白になり、コロナは基部が黄色でカップの縁が白くなっています。

水仙は非常に育てやすく、さまざまな環境条件に適応します。 水仙は多くの土壌で育つ。 しかし、水はけがよく、深く、肥沃で、有機物の多い土壌が最高のパフォーマンスを発揮します。 肥沃度は高いよりも平均的な方が良い。 肥沃度、特に窒素が高いと、植物が過剰に成長し、高品質の花を咲かせることができず、また球根が過剰に生成されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です