病気の猫の世話

病気の猫の世話

病気の猫は、トイレのある屋内で飼うべきです。 自分の薬を猫に与えないこと。多くの薬は猫にとって毒です。 ペットが病気の場合は、必ず獣医に相談してください。

猫が病気や下痢をしているときの対処法

若い猫や高齢の猫の場合、脱水の危険性が高く、お腹を壊すと非常に危険です。 できるだけ早く獣医に相談しましょう。 24時間以上嘔吐が続いているペットは、獣医に診てもらいましょう。 ペットが吐いていて、食べ物を飲み込めない場合は、水を飲ませながら、1食分を抜いてみてください。 その後、ゆでた皮付き鶏肉、またはタラやコリーなどの白身魚を小さじ1杯与えます。 これで耐えられるようなら、2時間後にもう少し与える。 この食事を2、3日続けた後、徐々に通常の食事に混ぜていきます。 下痢をしているペットには、食事を抜かず、上記のような食事を与えてください。 下痢が2日以上続く場合や、元気がない、弱っている、食べたがらないなどの場合は、獣医に相談してください。

猫風邪

猫風邪は、ひどい風邪と似た症状を持つウイルス性の病気です。 通常、子猫が最も危険ですが、それでもペットを獣医に連れて行くべきです。 ウイルスに感染した猫は、飲み込みが困難になる口内炎ができることがあります。 目にも潰瘍ができることがあるので、目を閉じていたり、分泌物が多い場合は、獣医に診てもらいましょう。 また、食べ物のにおいは食欲を増進させるので、鼻が詰まっている猫は食べたがらないことがあります。 鼻や目から出た分泌物は、温かい塩水(1パイントの水に小さじ1杯の塩)で拭いてください。 多くの充血除去剤は猫にとって毒性があるが、オルバスオイルは安全である-気化器に入れて与えるか、寝具に数滴垂らす。

皮膚のトラブル

痛みやかゆみのある部分を冷たい塩水(1パイントの水に小さじ1杯の塩)で温めるか、氷嚢を当ててください。 エリザベスカラーを使って、なめないようにする。なめると治らないが、痛みが増す。 後脚や前脚に靴下を履かせ、テープで固定し、ひっかき傷を防ぐ。 ノミの治療を検討する。最も効果的な治療法は獣医から入手可能である。 ケンカで噛まれた傷は敗血症になり、不快な臭いのする膿を出すことがあります。

病気の猫に食事をさせる

食べないのは、感情の起伏や障害を示しているのかもしれませんが、24時間以上続くようなら、獣医に診てもらうことをおすすめします。 病人は食べたがらないことが多い。 誘惑するために、食べ物を温めて香りを出したり、ピルチャードのような香りの強いものを試してみましょう(消化不良を起こさないように少量で)。 食べ残しをそのままにしておくと、猫が吐き気をもよおすことがあります。 多くの猫はチキン、キャットビスケット、ツナ、または獣医からもらった無効な食事などを好みます。 飲み込みが悪い場合は、フードを液状にします。 手でフードの断片を与えるか、唇や前足にほんの少しつけてあげましょう。 なでたり、グルーミングしたりすると、食べるようになることがあります。

一般的な看護

多くの高齢の猫は、長年の疾患を発症し、時には自宅での看護が必要になることがあります。 猫の状態を注意深く観察し、良い状態よりも悪い状態が多くなってきたら、選択肢を慎重に検討してください。 獣医と相談し、お別れの時期が来たかどうかを判断してください。 または、ペットとの死別サポートサービスにご連絡ください。 長年の病気にかかっているペットの状態に変化があった場合は、必ず獣医に知らせてください。 週末を過ごすのに十分な薬があることを確認します。 獣医の指示に注意深く従います。 ペットの状態が悪化している場合は、獣医に電話してください。 静かな場所に暖かい厚手のベッドを用意する。 ヒーターパッドや湯たんぽを用意する場合は、十分なパッドが必要です – これらは火傷の原因になることがあります。 患者が動けないようであれば、2時間おきに寝返りを打たせてください。 温熱パッドを使用する場合は、過熱していないかどうか、より頻繁にチェックする。 尿や便で汚れていないか確認する。 汚れている場合は、ベビーシャンプーで洗い、乾かしてください。 ドライヤーを使うときは、やけどに注意しましょう。 ドライヤーの温度は低めに設定し、離れた位置で使用しましょう。 ペットが24時間以上動けない場合は、長期的な見通しとペットが期待できる生活の質について、かかりつけの獣医に相談してください。 病気の猫には、毎日グルーミングをしてあげてください。 特に、猫は腎臓の病気になりやすいので、水を簡単に飲めるようにしておくことが大切です。 特に猫は腎臓を悪くしやすいので、水を簡単に飲めるようにしておくことが大切です。

猫に薬を与える

錠剤

薬を食べ物に入れて与えることもできますが、空腹時に与えることが不可欠な場合は獣医に確認してください。

  • 錠剤がくっつくような(口から落ちないような)味の濃い食材を選ぶか、砕いた錠剤をこの食材に混ぜます – ピルチャーズ、チーズ、ソーセージなどが理想的です
  • ペットが空腹なときに薬用食品を与えます。 また、量を少なくして、全部食べられるようにしましょう
  • おいしいソフトタイプのおやつもあります-獣医さんやペットショップに聞いてみましょう
  • これがうまくいかない場合は、手で薬を投与する必要があります

錠剤を与えるのが難しい場合は、必ず獣医さんに伝えましょう。 現在では、多くの錠剤がおいしく食べられる形になっています。 また、14日間持続する抗生物質の注射もあり、高価ですが、ストレス軽減の点では価値があるかもしれません。 ペットに薬を飲ませるときは、準備が大切です。 ペットが隠れないように、猫に見えないようにすべての準備をしてください。 点眼薬や軟膏は蓋を外し、錠剤は容器から取り出しておきます。 ペットを一部屋に閉じ込め、家中を追いかけ回したり、抱き上げたりする必要がないようにします。

錠剤の投与方法

左手(右利きの場合)を猫の頭の上に置き、親指を片側に、指をもう片側の頬に当てます。 鼻が天井を向くように頭を後ろに倒します。 そのとき、口は開くはずです。 もう片方の手の親指と人差し指でタブレットを挟みます。 もう片方の手の指で下顎の犬歯の間を押し、さらに口を開かせる。 錠剤をできるだけ奥まで舌の上にポンと乗せます。 口を閉じ、猫が飲み込むのを確認するまで、口を閉じたままにしておきます。 のどをなでたり、鼻をこすったりして、飲み込むのを促すようにします。 疑わしい場合は、口を開けて見ます。 獣医に小さな注射器を頼んで、錠剤を飲み込むために少量の水を与え、ペットが窒息しないようにゆっくりと与えるか、おいしいものを与える。 飲み込みやすくするために、錠剤をバターやマーガリンでコーティングするとよいでしょう。 また、ピルポッパーやガン(プランジャー付きの細長い管)を購入し、口に入れ、プランジャーを押して錠剤を投与することもできます。

液体の薬

  • 薬をスポイトや注射器に吸い上げる
  • 上記のように頭を後ろに倒す
  • 犬歯(大きな牙)の後ろの口の側面に注射器やスポイトを挿入する
  • ゆっくり投与し、飲み込む時間を作ってあげましょう。 薬の一部が滴り落ちたり、ペットがもがき苦しんだり、口から「泡を吹く」ことも覚悟してください。
  • その後、味を消すものを与える

目薬と軟膏

目からの分泌物をすべて拭き取ります。 右利きの場合は、左手の人差し指と親指でまぶたを開いたままにします。

  • 右手で薬を持ち、横から目元に持ってくる
  • 点眼する場合は、目自体に触れないように注意しながら1滴ずつ目の中に入れる
  • 軟膏は、まずノズルから少し出して目の上に置き、再び絞って目の表面に軟膏の跡をつける
  • 点眼する場合は、最初に少し出して、目の上に置く。
  • ペットに目をこすらせないでください – ただし、おやつはあげてください!

耳の薬

耳たぶは猫の耳の一部でしかありません。 聴覚器は頭の中にあり、外側につながるL字型の管(外耳道)の先端にあります。 この管は、フラップの付け根から頭の側面を垂直に通り、内側に大きく曲がっている。

耳掃除や薬を塗るとき:

  • 右利きの場合は左手で耳あてを持ち、耳の入り口を探します
  • 右手でボトルを持ち、正しい滴数を絞り込みます
  • 耳あてを持ったまま頭の側面を流れる管を感じ、右手の指と親指を使って薬を優しくマッサージして流し込みます
  • 耳あてを持ったまま、頭の側面から管を感じるように、右手で薬を流し込みます
  • 右手で薬を流し、左手で耳あてを持ち、耳の入り口を探します。
  • イヤーフラップを開けると、ペットが首を横に振ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です