1888年のブリザード ニューヨークを襲った最大の吹雪

1888年のブリザード ニューヨークを襲った最大の吹雪

ブルックリンのフルトン・ストリートから見たピアポンストリート。 Photo via Library of Congress

今週はずっと雪の予報なので、ニューヨークを覆った最大の吹雪を振り返ってみることにしました。 1888年3月12日、記録的な21インチの雪が降り、最大50フィートの雪だるさ、2500万ドルの物的損害、そして200人の死者を出しました。


Photo via Brooklyn Museum / Wiki Commons

元々、予報ではニューヨークは雨だけだと思われていました。 History.com によると、

3 月 10 日、北東部の気温は 50 度半ばを推移していました。 しかし、3月11日、カナダからの冷たい北極の空気が南からのメキシコ湾の空気とぶつかり、気温が急降下した。 雨は雪に変わり、風はハリケーンのような強さになった。

雪は1日半降り続き、3月12日月曜日、ニューヨークは完全に「白いハリケーン」に襲われていたのでした。 この嵐で合計400人、ニューヨークだけで200人の死者が出た。 強風のため、2階建て、3階建てのビルを覆い尽くすほどの高さの雪塊がそびえ立ち、街は完全に「ホワイトアウト」状態となった。 (ブルックリンのグレイヴゼンドでは52フィートの高さの雪の塊が記録された)。

除雪後のフルトン・ストリートで、フェリーの方を見たところ。 Photo via Library of Congress

しかし、この嵐は、街を近代化させたと評価されています。 雪の下から掘り起こす中で、このような嵐の危険性と、手作業による除雪の初歩的なプロセスが明らかになりました。 あまりに突然の暴風雨のため、家族は食料も燃料もない状態に陥った。 医師や患者は、必要なときに連絡することができない。

火災は、最も天気の良い日であっても、混雑した都市にとって大きな脅威でした。

火災は、たとえ天気のよい日でも、混雑した都市にとって大きな脅威でした。しかし、雪で消防車が出動できず、2500万ドル以上の物的損害が発生したのです。

インフラに関して言えば、1888 年の大吹雪は、市に電線を埋設させたとされています。 そして、当時高架になっていた列車が嵐のために運行できなくなったため、市は地下鉄道の計画を再検討するアイデアを得ました。 History.comが伝えるように、嵐に襲われたとき、15,000人近くが高架鉄道に取り残され、多くの場合、はしごで救出する必要があった。

もし、今週「吹雪」になるかもしれないと思っているのなら、そう思わないでください。 国立気象局は、3 時間以上にわたって視界が 0.25 マイル以下になり、風速 35 マイル以上の吹雪をブリザードと分類しています。 ニューヨークを襲った最悪の吹雪の 5 つは以下のとおりです。

1888年3月12日のことです。 この前述の、まったく予期しない 2 日間の吹雪は、街に 21 インチを降らせ、3 月に街を襲った最悪のものでした。

1941年3月8日。

1941年3月8日:セントラルパークは約18インチの雪に覆われました。

1981年3月5日:2日間のノーイースターで、14.5インチの雪が積もりました。 A “wintry mix” resulted in 8.6 inches of accumulation, the biggest of several storms that month.

March 13, 1993: The “Storm of the Century” came with 71 mph winds and almsost 11 inches of snow at LaGuardia Airport.

Editor’s Note: This story was originally published in 2017.

Tags : blizzard of 1888, snow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です