Ares

Ares

アレスはギリシャの戦争の神で、おそらく彼の短気、攻撃性、および紛争への抑えがたい渇望のために、すべてのオリンポスの神の中で最も不人気であった。 また、ポセイドンの息子ハリルホティオスを殺してポセイドンを激怒させたことも有名です。

家族関係

ゼウスとヘラの息子で、アレスの姉妹はヘーベとエイレイシアであった。 神であるにもかかわらず、ギリシャ人は彼をトラキア出身と考えた。おそらく、自分たちとは全く異なる異国の、戦争を好む民族と彼を関連づけようとしたのだろう。 アレスはさまざまな相手との間にさまざまな子供をもうけたが、そのうちの何人かは、ヘラクレスが有名な十二の功業を行ったときに、不運にもその相手と出くわしている。 アレスの娘でアマゾンの女王であるヒッポリタはヘラクレスに帯を奪われ、息子のエウリュシオンは家畜を失い、ディオメデスはギリシャの英雄に馬を奪われた。

Remove Ads

Advertisement

アレスはその美しさと勇気で知られ、娘ハルモニアと愛と欲望の神エロスを持つアフロディーテ(彼女はヘパイストスと結婚していたが)の愛を勝ち取るのに間違いない資質であった。 ヘパイストスは巧みな囮捜査で恋人たちを陥れ、その物語はホメロスの『オデュッセイア』第8巻に詳しく語られている。

「都市を襲うアレス」は、最も残忍な& 戦いの血生臭い側面を象徴しています。

ヘシオドスは『神統記』の中で「盾を突き刺すアレス」「街を襲うアレス」と表現していますが、この神は戦いのより戦略的な要素を代表するアテナとは対照的に、より残忍で血生臭い側面を代表する神なのです。

Remove Ads

Advertisement

ヘラクレスとの戦い

アレスに関わる最も人気のある神話は、ヘラクレスとの戦いであった。 アレスの息子キクノスは、デルファイの神託に向かう巡礼者を道連れにしたことで悪名高く、そのためアポロの不興を買い、アポロは彼を処理するためにヘラクレスを送りました。 ヘラクレスはキクノスを殺し、怒り狂ったアレスが英雄に戦いを挑んだ。 しかし、ヘラクレスはアテナに守られ、アレスにも傷を負わせることができた。 アレスのもう一つの神話と不名誉なエピソードは、オリンポス山を襲撃した双子の巨人エフィアルテスとオトゥスによって捕らえられたことである。 彼らは神を青銅の壷(または釜)に一年間幽閉し、ヘルメスの介入によってのみ解放された。

Hercules
by Jastrow

の盾の一場面です。 (Public Domain)

トロイ戦争

ホメロスの『イーリアス』におけるトロイ戦争編である。 アレスはトロイの木馬を支援し、時にはヘクトルと共に戦場で指揮をとることもある。 イリアス』ではアレスをあまり肯定的に捉えておらず、「憎むべきアレス」「人殺し」「戦争好き」「人の呪い」と表現している。 ホメロスの描くアレスは、上記の神話物語と同様に、他の神々と比較して弱さを示すことが多い。 アレスはアテナに完膚なきまでに叩きのめされ、アカイア人を支援するために大きな岩で気絶させられてしまう。 また、アカイアの英雄ディオメデスに対しては、アテナの助けを借りたとはいえ、槍でアレスに傷を負わせることに成功している。 ホメロスは、傷ついたアレスの叫び声を1万人の兵士の叫び声のようだと表現している。

Love History?

毎週配信されるメールマガジンに登録しましょう。

アテネ & カルト

アレスはポセイドンの息子ハリルホティオスをアテネのアクロポリス下の小川の近くで殺害したとして、再びオリュンポスの調和を乱した。 そのため、小川近くの丘に特別法廷(アレオパゴス)が招集され、審理が行われました。 ハリルホテイオスはアレスの娘アルキッペを強姦したことが明らかになり、アレスは無罪となった。 以後、アテネでは、アレオパゴスは殺人や不敬の事件の裁判の場となった。

Ares Alkamenes
by Carole Raddato (CC BY-SA)

意外かもしれませんが、これは、アレスの「謀殺」です。 スパルタの強い軍国主義的な文化を考えると、アレスはスパルタで非常に尊敬されていた。 アレスは一般的には崇拝されていなかったが、クレタ島(クノッソスのリニアB石版に記載)、アルゴス、アテネ、エリスラエ、ゲロントラエ、メガロポリス、テゲア、テラプネ、トロエゼンにこの神に捧げた神殿のあるカルトサイトが存在した。

美術における表現

古代ギリシアのアルカイックと古典の美術において、アレスは鎧と兜を着け、盾と槍を持って描かれることが最も多い。 この点で、彼は他の武装した戦士と区別がつかないように見えるかもしれない。 時には、火を噴く馬に引かれた戦車に乗っている姿も描かれている。

Remove Ads

Advertisement

後の時代、ローマの神マルスは、神々に対するローマの見解の典型として、より人間的な資質を持ちながらもアレスの属性の多くを与えられました。 ローマ神話では、マルスはローマの伝説的な創設者であるロムルスとレムス(処女王レア・シルヴィアのレイプによる)の父親でもあり、それゆえローマは神聖な地位を獲得した。 アテネのアテナのように、マルスはローマの首都の守護神であり、マルティウス月(3月)は彼にちなんで名づけられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です