Best Intermediate Clarinets Review in 2018

Best Intermediate Clarinets Review in 2018

中級クラリネットを探しているなら、少なくとも2~3年は演奏しているか、指の下でそれなりのテクニックを持っている可能性が高いでしょう。

初級から中級への最大の変化は、木材とキーの質です。

中級クラリネットでは、木材で作られたクラリネットになり、より強く、より柔軟性のない金属で作られたキーを使用することになります。

中級クラリネットの主なブランドは、Buffet、Yamaha、Noblet、Selmerです。

メリット

中級クラリネットでは、より良い音色を奏でる楽器を手に入れることになります。 また、キーが曲がりにくくなり、修理に出す頻度も少なくなるでしょう。

中級になると、楽器の手入れの仕方を知り、自分でリードを作り始めるかもしれません。 もし、すでにリードを自作しているのであれば、最高級のプロ用楽器を買うためにお金を貯めたほうがいいかもしれませんね。 初級者と中級者の楽器の大きな違いのひとつは、素材です。

購入基準

中級者向けのクラリネットに最適な木材は、アフリカン・ブラックウッドです。 この種の木材は優れた音色を出すことができ、熟練したプロの間で好まれている木材です。 しかし、この種の木材はデリケートでもあり、楽器を長持ちさせるためには、しっかりとした手入れが必要です。 そこで、ビュッフェのグリーンライン・クラリネットを選ぶのも一案です。

中級のクラリネットには、銀鍵かニッケル鍵がよいでしょう。

中級のクラリネットには、銀やニッケルの鍵盤がよいでしょう。銀は見栄えがしますが、変色しやすくなります。

中級者向けには、銀鍵盤かニッケル鍵盤がよいでしょう。 内径が大きい楽器は、より柔軟に設計されていますが、演奏するのは難しいです。 しかし、中級の奏者が演奏家として長く活躍するためには、これらの楽器のコントロール方法を学ぶ必要があります。

手入れと使用

新しいクラリネットを使用するための準備として、従わなければならないいくつかの基本的なルールがあります。

乾燥した環境に住んでいる場合は、加湿器のある部屋にクラリネットを置く必要があります。

乾燥した環境での生活では、加湿器のある部屋にクラリネットを置く必要があるかもしれません。また、湿度を調節してくれる専用のケースを購入することもできます。

片付ける前に、必ずクラリネットの内部を掃除して、湿気を取り除いてください。 そうすることで、クラリネットが壊れることはありません。 さらに、使用後に毎回適切なクリーニングを行うことで、カビや腐食、白カビを防ぐこともできます。

前提条件

クラリネットを入手したら、何か問題が起こらないように注意することが必要です。 特にグレナディラ製クラリネットの場合はそうです。 きちんと慣らし運転をしないと、クラリネットが割れたり壊れたりすることがあります。 最初の1週間は、演奏時間を1日15分までに制限してください。 次の4週間は、1日15分ずつ演奏時間を増やしてください。 その後は普通に演奏してかまいませんが、演奏が終わったら必ずクラリネットを綿棒で拭いてください。 高価なクラリネットを購入したプロの中には、定期的に演奏する前に、2ヶ月間慣らし運転に従う人もいます。

レジスターキーの名前の由来について、気になったことはありませんか?

レジスター・キーの名前の由来を知りたいと思ったことはありませんか?このビデオではそのすべてを説明し、クラリネットのさまざまな部分を識別するためのツールをもう1つ紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です