Dolley Madison Rescues George Washington

Dolley Madison Rescues George Washington

1812年の戦争で最も注目すべきエピソードである「ワシントンの焼失」は、1814年の8月24日に起こりました。 1814年8月24日、首都ワシントンを占領した英国は、ホワイトハウスを含む最も重要な建物の多くを焼いたことで有名です。

ホワイトハウスに飾られていたのは、ギルバート・スチュアートの「ランズダウンの肖像」として知られるジョージ・ワシントンの絵でした。

ホワイトハウスに飾られていたのは、ギルバート・スチュアートの「ランズドーンの肖像」として知られるジョージ・ワシントンの絵です。

この絵画を救出するのは簡単なことではありませんでした。

この絵の救出は簡単なことではありませんでした。 マディソン家の10代の下働きだったポール・ジェニングスによると、執事のジョン・シアサットと庭師のトーマス・マクガウは、マディソン夫人から肖像画のフレームを切り離すように指示されたそうです。

肖像画の保存は重要ですが、マディソン夫人は、英国に没収されることを許さないことも同様に重要だと考えていました。

アメリカ軍がメリーランド州ブラデンスバーグでの撤退を発表すると、チャールズ・キャロルはホワイトハウスに駆けつけ、ファーストレディを安全な場所へと急がせた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です