How Red And Green Became The Colors Of Christmas

How Red And Green Became The Colors Of Christmas

CSA Images/Printstock Collection/Getty Images

Cartoon Santa.

CSA Images/Printstock Collection/Getty Images

It’s hard to imagine a time when red and green weren’t synonymous with Christmas, but they haven’t always been the holiday’s go-to colors. Arielle Eckstut, co-author of Secret Language of Color, attributes the palette’s rise to two things: holly and Coca-Cola.

In 1931, Coca-Cola hired artist Haddon Sundblom who helped popularize the Santa that we know today: 太っていて、陽気で、真っ赤なローブを着ている。 Coca-Cola via Miel Van Opstal/Flickr hide caption

toggle caption

Coca-Cola via Miel Van Opstal/Flickr

In 1931, Coca-Cola hired artist Haddon Sundblom who helped popularize the Santa that we know today: fat, jolly and wearing a bright red robe.

Coca-Cola via Miel Van Opstal/Flickr

「ホリーはこの赤と緑の関連において大きな役割を果たしてきました」とエクスタット氏はNPRのアリ・シャピロ氏に話します。 「そして、それはローマ人の冬至のお祝いにまでさかのぼることができます。 … また、ヒイラギはイエスの茨の冠と関連しています。

しかし、赤と緑がトップに立つには、しばらく時間がかかりました。 エックスタットによれば、ビクトリア朝のクリスマスカードはさまざまなパレット(赤と緑、赤と青、青と緑、青と白)を使い、サンタは青、緑、赤のローブを着ていることが多かったそうです。 1931年にすべてが変わりました。

「コカ・コーラは、サンタクロースを作るためにアーティストを雇いました。

「コカ・コーラはアーティストを雇ってサンタクロースを作らせました。 太っていて陽気で、以前は痩せていて妖精のようで、赤いローブを着ていた。 … そして、これらのことが一緒になって、この親しみやすい太ったサンタが、真っ赤なローブを着ていて、それがコーラのロゴの色と同じであることは、偶然ではないと思いますが、アメリカ文化に定着したのです。「

アーティストはハドン・サンドブロムで、彼の広告は非常にヒットし、コーラは何十年も彼と仕事を続けました。

エクスタットは言います。 … この赤と緑の色合いは、クリスマスを象徴するようになったのです」

エックスタットは言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です