Lingering Toothache – Is It A Sprained Ligament?

Lingering Toothache – Is It A Sprained Ligament?

幸い、長引く歯の痛みを経験した人は、通常、歯科医を訪れると緩和されます。 詰め物、クラウン(かぶせ物)、または根管治療が必要であろうと、24~48 時間以内に痛みが軽減されるのが普通です。

歯の痛みがどのように靭帯の捻挫の結果であるかを理解するために、歯の解剖学を簡単に復習することが重要です。

口の中のすべての歯は、歯根膜または PDL と呼ばれる構造によって、それが座っている骨に固定されています。 この靭帯は、体内の他の靭帯と何ら変わりはなく、健康であれば、歯を安定した位置に維持する役割を担っています。 また、この靭帯は主に水分で構成されており、衝撃吸収材としての役割も担っています。

さらに、PDLは口腔内の「GPSシステム」であり、口の中の食べ物の中にある小さな魚の骨を見つけることができるほど、その機能は精巧にできているのです。

  • 歯の痛みは、通常、PDL 挫傷の最初の症状です。 捻挫が起こる一般的な方法は次のとおりです。
  • 予想以上に硬い食べ物を噛む
  • 膨張するエアバッグからの衝撃
  • 歯を一緒に押し付ける顎の外傷
  • 偶然の衝突によるもの
  • PDL の捻挫が起こる一般的な方法は次のとおりです。
  • 歯科または口腔外科
  • 爪を噛む、鉛筆を噛むなど日中の酷使
  • 夜間の歯ぎしりや食いしばり(ブラキシズム)
  • 一度捻挫してしまったら、もう手放せないでしょう。 咀嚼や会話、時には飲み込みの際に、関係する歯を使わないようにすることは不可能ではないにしても、難しいため、これらの靭帯が治癒するのに時間がかかる場合があります。 PDLを傷つけ続けると、靭帯の小さな神経終末が感作され(日焼けと同じ)、その結果、痛みのレベルが上がり、しばしば周囲の歯周組織や隣の歯に広がっていきます。

    この問題は歯髄にあるわけでも、硬い歯質の損傷によるものでもないため、問題を解決するために歯科治療を行うと、痛みがさらに悪化する可能性が高くなります。

    したがって、重要なのは、治療を計画する前に、なぜ捻挫が起こったのかを特定することです。

    したがって、重要なのは、治療を計画する前に、なぜ捻挫が起こったのかを特定することです。 アドビルやアリーブなどの抗炎症剤を5~7日間服用し、痛みのある歯を噛まないようにすることも効果的です。

    歯の外傷が原因で、靭帯の痛みが長引き、慢性化することがあります。これは、話す、飲み込む、柔らかいものを食べるなどの通常の日常動作によって引き起こされた場合でも、神経終末が自発的に発火し始めるためです。 このような場合には、過敏な神経終末を鎮める作用のある薬物療法が必要になることがあります。

    これらの問題は根管治療では解決しないので、このような治療法は避けるべきです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です