Linus Carl Pauling

Linus Carl Pauling

(1901-1994)

化学者、平和活動家

一人の人間、Linus Paulingが、2つの分割されていないノーベル賞を受賞しました。 1954年、彼は化学賞を受賞しました。 広島と長崎に投下された原爆は、ポーリングの人生の転機となった。 広島・長崎への原爆投下はポーリングの人生の転機となった。彼は他の科学者とともに核軍拡競争に反対する演説や執筆活動を行い、パグウォッシュ運動の原動力となった。

1959年、第5回原水爆禁止世界大会の最終文書として有名な「広島アピール」を起草した。 核保有国であるアメリカ、ソ連、イギリスに核実験禁止条約の締結を促し、1963年10月10日に発効させた立役者の一人である。 同日、ノルウェー・ノーベル委員会は、1962年から持ち越されていた平和賞をライナス・ポーリングに授与したと発表した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です