Sir Joseph Dalton Hooker

Sir Joseph Dalton Hooker

Sir Joseph Dalton Hooker (1817-1911)

ウィリアム-ジャクソン-フッカーとマリアフッカー、ネル-ターナーの二男、ジョセフダルトンフッカーはサフォーク、Halesworthで6月30日、1817に生まれました。 父ウィリアムは1820年にグラスゴー大学の植物学名誉教授に就任し、1865年にはキュー王立植物園の初代園長に就任した。 フッカーは、7歳の頃から父親の講義を受け始めていた。

フッカーは、海軍の外科医としてキャリアをスタートさせました。

フッカーは海軍の外科医としてキャリアをスタートさせ、憧れのチャールズ・ダーウィンのように自立した紳士的自然主義者として旅をすることができず、医学の資格を生かしてHMSエレバス号の外科医助手として、南極へのロス探検(1839-1843)の任に就いたのです。

フッカーは旅行好きで、探検が自分の評判と科学的資格を確立する一つの方法であることを理解していたようである。 南極探検から帰国して数年後、フッカーは政府の助成を得て、インドとヒマラヤを旅行しました(1847-1851)。 ヒマラヤの北部の辺境に足を踏み入れた最初の西洋人であり、あまりに遠くまで歩き回ったため、シッキムのラジャに幽閉されたこともあった。

フッカーは単なる植物採集者ではなく、自然界の質問者であり、旅した土地を熱心に観察し、自分の周りにあるものを説明、分類、理解できるようにしました。 このように、植物の収集と収集したデータの解釈を組み合わせたことで、フッカーは植物分布の専門家として世界的に知られるようになったのです。 例えば、彼はインドで、世界で最も高い山の植物学と地質学から、ダーウィンの理論『種の起源』を裏付ける証拠を探し出し、1859年に有名な出版物としたのである。

フッカー自身の出版物は数多く、探検した国の植物学の説明、美しい図版の『Rhododendrons of Sikkim Himalaya』、ニュージーランドとイギリス領インドの植民地植物誌、ロッキー山脈のツアーで得た、アメリカとアジアの植物相の関係に関する学識豊かで重要な記事などがあります。 彼はまた、自分のコレクションと他の人のコレクションを使って、世界の植物相を編纂することになる。 1883年に出版された『植物誌』は、共著者のジョージ・ベンサムとともに25年以上の歳月をかけ、今世紀最も優れた植物学の書と称されるに至った。

1855年、フッカーはキュー王立植物園の副園長に任命され、後に父の後を継いで園長になりました(1865-1885)。 フッカーのもとで、キュー王立植物園の帝国の役割は拡大し続け、彼は科学的機関としての植物園の機能をさらに高め、植物園のコレクションを拡大し、最初のジョドレル研究所の建設を監督したのです。 フッカー自身、モロッコやアメリカへの植物学の旅を続けていた。 1877年の後者の遠征では、8000マイルを走破し、60歳でありながら、7歳のときに父の膝で生まれた植物への情熱がまだ残っていることを証明した。

フッカーは1885年にキューを退官したが、1911年に94歳で死ぬまで植物学に従事し続けた。

フッカーは1885年にキューを退職したが、1911年に94歳で亡くなるまで植物学の研究を続けた。 また、生涯の友であるチャールズ・ダーウィンとともにウェストミンスター寺院に埋葬されることが提案されている。 フッカーはダーウィンを擁護し、1844年の手紙では、ダーウィンが論争を巻き起こした学説の最初の相談相手になっている。 しかし、死後は、彼の偉大な遺産であるキュー庭園の近くに埋葬されることを希望していたようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です