Top Ways to Stop Your Nursing Your Baby to Sleep

Top Ways to Stop Your Nursing Your Baby to Sleep

赤ちゃんは頑固です。 その時々に必要なものしか知らないのです。

彼らの最も基本的な欲求は食べることなので、授乳時間や授乳のパターンにさえも日課を作り始めます。

赤ちゃんが疲れているときでさえ、寝かしつけに強いパターンを作り始めると、授乳後にしか眠りにつけなくなります。

実際、授乳後にしか眠らない赤ちゃんは、睡眠障害であると主張する研究さえあります。

実際、授乳後にしか眠らない赤ちゃんは、睡眠障害であるという研究結果もあるほどです(子どもの 40% に見られます)。

決して寝かしつけをするなと言っているわけではありませんが、毎晩のように寝かしつけをすることにならないように気をつけましょう。

他の家族、特にパートナーがこの寝かしつけのパターンを身につけると、夜中の授乳を手伝うことができなくなります。

保険適用のさく乳器を注文する

昼寝と授乳を分ける

寝る前に授乳が必要という依存状態にならないためにすべきことの1つは、昼寝の習慣を作ることです。 この習慣は、授乳を中心にしたものであってはなりません。

これを行うための睡眠トレーニングの方法には、次のようなものがあります:

  • 日中、屋外で授乳する。
    • 日中に屋外で授乳する。これにより、赤ちゃんは日光や天候の変化を経験することができ、昼寝の合図に発展するのがずっと難しくなります。
    • 遊びの時間に授乳する。
    • 一日のうち、さまざまな時間帯に授乳します。 この場合も、就寝の合図ではなく、授乳の習慣を作り出します。

    さらに、授乳以外の方法で、お昼寝の時間を知らせる合図を作りましょう!

    新生児にはもう少し注意とケアが必要なので、これを始めるのは生後12週間くらいまで待ちましょう。

    環境を整える

    効果的な睡眠環境を整えることで、授乳せずに早く眠れるようになります。 これは、赤ちゃんの概日リズムを作るのに役立ち、成長するにつれて非常に有益になります。

    子守唄や優しい揺りかご、読書やホワイトノイズを加えてみましょう。

    夜間の授乳がどうしても必要だと感じたら、決して避けてはいけません。

    夜間の授乳は、母乳の分泌を助けるプロラクチンというホルモンを分泌します。

    それでも夜間の授乳が必要なら、せめて夜遅い時間はお父さんに任せましょう。

    また、ある程度の月齢(離乳食を始めた8カ月)を過ぎた赤ちゃんは、通常、授乳をしなくても夜を越せるようになります。

    また、ある月齢を過ぎた赤ちゃん(離乳食を始めた8ヶ月の赤ちゃん)は、通常、授乳をしなくても夜を越します。つまり、お父さんが起きてあやせば、授乳の必要さえないかもしれません。 抱っこ、ロッキングチェア、ホワイトノイズ、歌、おしゃぶりなども試してみてください。 授乳を伴わないものから始めてみましょう。

    遊びと昼寝のメリハリをつける

    発達中の赤ちゃんには、刺激が大切です。 成長し、学び、節目を迎えるためには、たくさんの刺激が必要です。

    これは特に、興奮しやすい赤ちゃんに当てはまります。

    これは、特に興奮しやすい赤ちゃんに当てはまります。新しいスキルを学んだり、世界の新しい不思議を発見したりすると、それ以外のことをさせるのは難しいのです。

    遊びの時間が一日の後半になると、その移行が難しくなります。

    乳首を離す

    この方法では、赤ちゃんを泣き止ませるのではなく、ゆっくりと乳首から離し、連鎖を止めるようにします。

    赤ちゃんはその都度目を覚まし、乳首を探し始めます。

    まとめ

    いつも寝かしつけるのが好きな女性もいるでしょうし、それでもかまいません。 それは、いつでもあなたの決断です。 ただ、覚えておいてほしいのは、自分が心地よいと思うことは何でもするということです。

    赤ちゃんの寝かしつけを中心にした、他の素晴らしいヒントがあれば、私たちのFacebookページでコメントしてください!

    私たちのFacebookページで、赤ちゃんの寝かしつけを中心にした、他の素晴らしいヒントがあれば、私たちのFacebookページでコメントしてください!

    赤ちゃんの寝かしつけを中心とした、他の素晴らしいヒントがあれば、私たちのFacebookページでコメントしてください。

    他にも寝かしつけにまつわる素敵なヒントがありましたら、ぜひFacebookページにコメントをお寄せください!読者の皆様からのご意見をお待ちしております。

    また、すべての妊娠中および新米ママは、保険会社がカバーする電動さく乳器を受け取る資格があることを忘れないでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です